保育理念

「社会福祉法人 長尾会 クアッカ長尾保育園」では、お子さまの心身の健やかな成長を支えるために、以下の理念・方針・目標に基づいて、保育に取り組んでいます。 ぜひ、以下の内容をよくお読みいただき、当園での保育のあり方をご理解ください。

はじめに

大切なお子さまの乳幼児期を、より有意義に楽しくお過ごしいただくためには、園と家庭とが一体となって、協力し合うことがとても大切です。 保育園は、養護と教育が一体になって、家庭的な雰囲気の中で乳幼児を保育し、その心身の発達を助長する場所です。0、1、2歳児において、健康発達と人間関係を中心に、心の安定を図ります。そのうえで、基本的生活習慣の援助を行い、「明るく」・「たくましく」・「のびのびとした」子どもを育てます。 また、乳幼児期に必要な『情操』『体育』『知育』の調和のとれた保育環境を整えて、『心』も、『体』も、『頭』も、健やかに育つよう努力したいと考えています。

保育理念

当園では、保育理念として「自立支援」・「自律支援」・「共育ち支援」の3つの柱を立て、園児の成長を支えています。

理念


基本方針

以下の基本方針に基づき、「自分で考える力」や「協力し合える力」など、園児の様々な力を育みます。

  • 愛情と信頼を大切に一人ひとりの子どもたちを見守ります。
  • 情操、体育、知育の調和のとれた環境の中で、「生きる力」すなわち、
    1. 自分で考えて、行動する力
    2. 協力してできる力
    3. 立ち向かおうとする力
    を育てたいと思います。

保育目標

以下の内容を十分に踏まえたうえで、目的が達成できるように、職員一同一丸となり、保育にあたってまいります。

  • 家庭的な雰囲気の中で、情緒の安定を図り、健康な身体づくりを第一とし、体力づくりに努力しています。
  • 良い生活習慣を育成すると共に次の目標を掲げ、人格形成の基盤づくりを目指しています。
    1. 正しい判断ができ、人間性豊かな子ども。
    2. 自立心があり、創造性が豊かで協調性のある子ども。
    3. 感性豊かに五感を感じる子ども。

以上のことを、十分に踏まえた上で、目標が達成できるように、職員一同一丸となり保育を行いたいと考えていますので、ご協力、よろしくお願いいたします。


Copyright(c) Kuakanagao Hoikuen. All Rights Reserved.